正しい両家の顔合わせ

「顔合わせ」ってどんなことをするの?

結婚を決めた男女は、いくつかのイベントをこなしていく必要があります。そのひとつが「両家の顔合わせ」です。それぞれ別々に暮らしてきた男女が結婚すると、それぞれの家が新たに親戚関係として結ばれます。そこで、結婚前に新郎新婦の両親に対面してもらい、お互いの顔や名前を知ってもらうのが顔合わせのおもな目的です。顔合わせを行うタイミングは、結婚を決めた男女がお互いの実家を訪ねて結婚の了解を得たあとになります。顔合わせで何をするか明確な決まりはありませんが、食事をしながらの会話が通例です。出席者は新郎新婦とその両親が基本です。お互いに両親を紹介したあとは、結婚式の日取りや新居をかまえる場所を話し合ってもよいでしょう。

顔合わせはどこで行うの?

両家の顔合わせを行う場所に明確な決まりはありません。新郎新婦がお互いの両親を飲食店に招いて開催するのが一般的です。落ち着いた環境で会話ができるように、個室が用意されている飲食店を予約するとよいでしょう。当日の飲食代は新郎新婦が負担するのが通例です。新郎新婦の実家に距離がある場合、ちょうど中間となるあたりで飲食店を探すとよいかもしれません。両親の年齢や健康状態によっては長距離の移動が難しい場合もあるので、宿泊施設も合わせて手配するとよいでしょう。新郎新婦がお互いの両親に挨拶をすませた時点で結婚は事実上決定しているので、顔合わせは過度に緊張する必要はありません。両親のためにも、ゆとりを持って顔合わせの日取りを決めてください。