素材別のメリット・デメリットを紹介

定番と言われる素材について

結婚指輪に使われている素材はたくさんありますが、中でも定番と呼ばれるほど有名なものがプラチナとゴールドです。理由は加工がやりやすいためで、いろんなデザインの結婚指輪が作れるからです。おまけに色落ちや変色なども起こりにくいですから、美しい状態を長く保てます。それらに加えて、特にゴールドはそのまま使うのではなく、他の素材と組み合わせることでピンクやホワイトなど変化させられるのです。
ただし、先述した通り、加工がやりやすいということはそれだけ柔らかい素材なのです。そのため強い力が加わると、簡単に曲がったり切れたりするので扱いには注意が必要です。気になるのであれば、別の素材との配合比率を変えると多少は強度を上げることが可能です。

金属アレルギーがある人に向いている素材

過去にネックレスやイヤリング、ブレスレットなどを身につけて肌荒れやかゆみが出たのなら、金属アレルギーである確率が高いです。そんな時はチタンという素材で結婚指輪を作っておくと良いでしょう。他のものと比較すると、金属アレルギーを起こしにくいと言われています。
それ以外にも、チタンは軽いというメリットがあるため、常に身につけている結婚指輪に向いています。おまけに傷がつきにくい、錆びにくい、耐熱性に優れているなど良い点が多いです。
あえてデメリットを探すのであれば、丈夫であるがゆえに加工が難しいといった部分です。中には手間がかかるという理由から、扱っていない業者もいます。もしもチタンの結婚指輪を選ぶなら、メンテナンスを請け負ってくれる店舗も探しておきたいです。